MENU

標準的な引っ越しプランでは一番安い運ぶだけのサービス

運ぶだけの引っ越しで費用を安くしよう

 

引っ越しプランにおける運ぶだけのサービスは、標準的なプランの中では一番安い位置づけです。依頼する作業内容自体が少ないので当然ですね。

 

安ものというイメージを浮かべる人もいるかもしれませんが、他の梱包や開梱付プランと比較して運搬内容に差があるわけではありません

 

一番安いコースなんて依頼する人は少ないんじゃと思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。私の経験では8割から9割のお客様が運ぶだけの引越しプランを選ばれていました。

 

運ぶだけの引っ越しがそれだけ人気だった理由は、単純に予算の問題もあるでしょうが、私物を他人に見られたくないって思いもあったのではないでしょうか。作業の質が劣るんじゃないかと不安な方は、そんなことはありませんので運ぶだけの引越しプランを積極的に選んでください。

運ぶだけのプランはどれだけ安いの?

どれだけ安い?

引っ越しの見積もりの計算には各社様々な方法がありますが、結局のところスタッフやトラックをどれだけ時間的に拘束するかでおおよその料金は決まってきます。

 

その考え方に基づくと運ぶだけの引越しと梱包付プランの差は約1.5倍です。必要な梱包資材の数量によっては多少加算されますが、運ぶだけの引っ越しが10万円なら梱包付プランは15万円という感じです。開梱プランとなるとさらに5万円上乗せの20万円といったところでしょうか。

 

ただ荷物が少ない単身荷物なら荷造りも一瞬で終わりますので、料金アップはごくわずかです。反対に引越しが忙しい繁忙期に4tトラック以上の荷物を開梱プランで依頼すれば、割増料金は10万どころの話しではないかもしれません。

 

さらに仕事が忙し過ぎたり、奥様が妊娠中であったりといった理由で荷造りが無理な人には、運ぶだけのプランでは引越しは難しいといった個々の事情もあるでしょう。梱包や開梱プランが気になるならそれぞれのプランでの見積もりをお願いしてみると良いと思います。

 

引っ越しが決まると何かと物入りです。物件に掛かる費用以外にも新しいカーテンや家具を新調する人も多いでしょう。そんな時に引越し業者の依頼費用は少しでも節約したいと気持ちは分かります。

 

自分で荷造りや荷解きが負担でないのであれば、積極的に引越し業者へ運搬のみの運ぶだけのプランを依頼するのはおすすめです。ぜひあなたにあったプランを見つけてください。

運ぶだけ以外にもある引越し費用を安くする方法

引越し料金を安くしたいならこんな方法もあります

 

運ぶだけの引っ越しプランは標準的なサービスの中では最も安いと言いましたが、引越し業者との交渉により、さらに安いプランを依頼することもできます。

 

それが以下の2つです。

 

積み切りプラン

積み切りプラン

本来必要なトラックのサイズをあえて下げて、大型家具や家電を中心に積み込んで、余ったスペースにダンボールを積み込んでもらうプランです。

 

トラックのサイズやスタッフ数、作業時間の短縮に繋がるために、引越し費用も相応に安くなります。引越し先が近かったり、ダンボールを運ぶのに適した自家用車を所有している人におすすめの方法です。

 

ただし、見積もり時に話した内容よりも荷物が運べないというトラブルがあるのみ積み切りプランの特長です。その場合、自分では運搬する量が多くなるリスクは認識しておく必要があります。

 

家具・家電のみプラン

家具だけ運ぶ

見積もり時に約束した大型の家具や家電のみ運んでもらうプランで、荷台に余裕があろうがなかろうがダンボール等の小物類は積みません。

 

厳密には一番安くなりますが、積み切りプランと比較して料金的な差はそれほどありません。

 

 

運ぶだけの引っ越しでも予算には程遠いならこれら2つの方法を試してみる価値はあります。

値引き交渉次第では引越し費用はまだまだ安くなる

暇な日を選んで交渉しよう

引越し業者が暇な日

引っ越しは暇な日と忙しい日が激しい業界です。忙しい日はアルバイトを大量に雇って現場をこなす一方で、暇な日は社員の仕事を探すのに苦労することも珍しくありません。

 

引越し業者としては、例え激安と呼べる料金であってもトラックを動かし社員に仕事をさせたいという思惑が働く時があります。暇な日の値引き率は大きく時には半額なんてこともありえるので、忙しい日に運ぶだけの引っ越しプランを頼むより暇な日に梱包プランを頼む方が安いなんてことも十分考えらえます。

 

予定日を月初から中旬、平日と言った引越し業者が暇な日に変更できる方はぜひ挑戦してみてください。

 

他の引越し業者からも見積もりをもらおう

相見積もりで安く

最初の引越し業者の見積もりが高かったからってあきらめる必要はありません。例え同じ条件であっても引越し業者が違うだけで数万円も見積もりが安くなったなんて良くあります。

 

これにはその引越し業者の相場自体が安かったケースもあれば、どうしてもその日、その条件で業者があなたの引っ越しを受注したかったというケースがあります。

 

例え一般的には高いと言われている大手であっても条件によっては中小企業以下の見積もりを出してくることもあります。どちらにせよできるだけ多くの引越し業者に聞かないことには、そんな激安の見積もりは受けれません。

 

引っ越しで損をしないためにも多くの引越し業者に見積もりを依頼しましょう。そんな時に便利なのが一括見積もりサイトです。あなたの住所を入力すれば最大10社の引越し業者から見積もりを得ることができます。

 

ある引越し業者の運ぶだけの料金が、他社では全て運んでも同程度の料金ということも十分にあり得ますので、料金比較は必須です。

 

安すぎて不安な人の為に引越し業者のランキングや口コミも掲載されているのでサービスの質を知りたい方にも役立つサイトです。

運ぶだけの引越しならここ

当サイトおすすめの一括見積もり

引越し侍公式サイト
>>運ぶだけの引越しはここがお得<<
TVやラジオCM放送中!引越しの予約サイトにイチオシの引越し侍。全国269社の引越し料金を比較して、費用が最大50%安くなる

 

参加引越し会社(一部抜粋)

田村引越サービス
アシストマーク
らくらく引越センター
スター引越センター
ジャパンラゲージエクスプレス
コープの引越
ファイト引越隊
宝島引越センター
プエブロ引越センター
ハピネス引越センター
エース引越便
なかむらトランスポート引越センター
プレミアム ストレージ サービス(チトセ引越センター)
TH引越し
ムーヴワン引越サービス
KIZUNA引越センター
はましお引越しサービス
引越のキング
人力引越社
ファミリア引越サービス
Tmoving
土曜引越センター
中部引越センター
引越のラインアップ
グッジョブ引越センター
マルキ引越センター
博多引越本舗(北九州引越本舗)
引越専門店 若松屋
やさか引越センター
ZERO⇒1引越センター
東京なでしこ 引越事業部
新静岡引越センター
イケダ引越サービス
沖配引越センター
アーオイ引越センター
パックメールジャパン
ラクダの引越便中国トラック
しょうざん引越サービス
アウル引越サービス
ジョイムービング

おすすめサイト

最初に適切な梱包方法を学んでおけば荷造りが思ったほど大変ではないことが分かるはずです。

 

まだまだ安くしたいなら自分で引越しすることも検討してみましょう。

 

Twitter Facebook はてブ LINE Pocket Google+

 

更新履歴